毛抜きとカミソリでのムダ毛処理、どちらが肌を傷付ける?

エステサロンやエステ脱毛、もしくは美容クリニックで脱毛できればそれに越したことはありませんが、自分でムダ毛処理をしている場合には、抜いて処理するかカミソリで処理するパターンが多いかと思います。

この2パターンのうちムダ毛を毛抜きで抜いてしまう行為が、一番肌を傷つけてしまう自己処理方法です。
ムダ毛を抜いた方が次にムダ毛が生えてくるまで日数がかかるので、良い処理方法のような気がしますが、毛抜きでムダ毛を抜いていると、ムダ毛の毛乳頭や毛母細胞を刺激してしまうので、毛がどんどん太くなってしまいます。

しかも強引に抜くことで毛穴の内側を傷付けてしまうので、毛穴が開いた状態や雑菌っは入り込む原因になり、ブツブツした鳥肌状態の毛穴になり、毛穴の内側に生えてきたムダ毛が閉じ込められる埋没毛になります。

ムダ毛処理のなかでも一番多いカミソリでの処理は、肌表面をカミソリで削り取るようにしてムダ毛を処理するので、肌のために必要な角質までも削り取ってしまうので、肌のかゆみ・埋没毛・毛穴の炎症の原因になります。

カミソリの方が肌を傷つける確率は低いですが、処理をする前には肌を保護するためのクリームなどを塗り、処理後にも保湿をする事を心がけましょう。